生活保護を受けるメリットとデメリットとは?

生活保護を受けるメリットとデメリット

生活保護を受給するメリットもある反面、少なからずデメリットも存在します。本当に受給して大丈夫か心配な方は特に事前確認しておくと良いでしょう。

生活保護を受けた際のメリット

申請が受理されると、さまざまな支援を受けられるのが生活保護制度です。

  • 生活に必要なお金を負担してもらえる
  • 支払いを免除されるものが多い
  • 心配なことはケースワーカーに相談可能

生活保護を受け始めてからもらうお金に関しては、生活に余裕が出てきて受給しなくなっても返金する必要はありません。もらったものとして使うことができます。

生活に必要なお金を負担してもらえる

最低限度の生活に必要なものはすべて負担してくれるのが嬉しいポイントです。医療費なども当然無料となりますが、こちらは一度自己負担してからお金を返してもらうのではなく、窓口での支払いは0というシステムになっています。面倒な手続きをしなくていいのもメリットと言えるでしょう。

支払いを免除されるものが多い

また、税金や公共料金、保険料なども免除されるので、受け取った生活保護費だけで十分に生活していくことができます。ちなみにNHKの受信料や子どもの学校にかかる費用も必要ありません。

 

一般的には給料が少なくてもその中で生活し、税金や保険料を納めなければならないので、家計が赤字になってしまう世帯もあります。しかし、生活保護受給者は普通に生活していれば赤字になることはないのです。

心配なことはケースワーカーに相談可能

結婚式や葬式に出なければいけない場合には、そのための交通費が支給されることもあります。時と場合によりますが、お金が必要な時は担当のケースワーカーに相談することで解決できるのです。このように、自分1人で悩まなくていいのもメリットとなっています。

生活保護を受けるデメリット

メリットばかりだと生活保護を受けたい人たちが殺到してしまいますよね。制度として成り立たせるためにも、制約が設けられているのでチェックしてみましょう。

  • 豊かで自由な生活は送れない
  • ケースワーカーに逐一報告しなければいけない
  • 嘘の申告をすると生活保護を打ち切られる
  • 3親等までの親族には知られてしまう

どうしても働けない、働いても最低限度の生活を送るのにお金が足りない、などの理由がある人だけが生活保護を利用可能です。「生活保護費で遊んで暮らしている人ばかり」「働かなくても余裕で暮らせる」などと噂されることもありますが、実際はいろいろなデメリットがあり、不正受給したり遊んで暮らしたりすることはできません。

豊かで自由な生活は送れない

デメリットは豊かな生活はできないこと、そしていろいろな場面で制限されることが挙げられます。働けなくても生きていける制度ではありますが、生活保護を利用していない世帯よりも裕福な暮らしができてしまうと不公平ですよね。そのため、好きなだけ食べて遊んで貯金もして…という生活は不可能となっています。

ケースワーカーに逐一報告しなければいけない

さらに、ケースワーカーとの面談が定期的にあるので、お金の使い方や生活の様子を常にチェックされている状態です。自分の担当になるケースワーカーは選べないので、相性がよくない人だとしても生活保護を受けている限りずっと付き合っていかなくてはいけません。

嘘の申告をすると生活保護を打ち切られる

カードローンを利用したり、マイホームやマイカーを自由に購入したりすることもNGです。パチンコや競馬などはできますが、獲得した賞金は収入として申告しなければならず、その分の保護費が削られます。また、嘘の申告をしたり、隠れて借金をしたりした場合には、生活保護の打ち切りや返還請求をされる可能性が高いです。

3親等までの親族には知られてしまう

身寄りがない人を除き、生活保護の申請をしたことが親族に知られてしまいます。すべての親族ではありませんが、3親等までには電話で「援助することはできませんか?」と連絡されるのです。つまり、両親や祖父母、叔父、叔母などに知れ渡るということになります。

 

こっそりと生活保護を受給することはまず不可能だということです。また、親族だけでなく、近所の人や友人に知られてしまうこともあります。ケースワーカーが自宅に訪ねてくるのを見られる機会が多いので、隠しきれない可能性が高いです。